Home » 日々 » 友達とカラオケでした。

友達とカラオケでした。

というわけでぎゃさんとカラオケでした。
最近寿命が近づいてるのか1メートル歩くのも億劫なんですが、
まあそこはそれ、亀の子のような歩みで移動しました。

なんだか最近K浜T北線を使って北へいったり南へいったりしてて
時間感覚がズレてたのか、ロクに電車の時間確認しなかったら30分前着。

改札前から移動する体力もなかったのでじっと待つ。
最近暑くても冷房効いてても嫌な汗が出るので……なんか自律神経なんとか症みたい。

合流したのでとりあえず近くのファミレスに行ったんだけど店舗が地下。
イコール階段。イコール……きつい(
位置エネルギーを味方に出来るくだりはまだいいけど登りは……3段が限界。
それはそうと何の店かはいえないけどミラノ風ドリアを食べて時間を潰す。
ぎゃさ先生、チーズフォッカチオが無いと大層ご立腹。
あれ、フォッカチオ? フォカッチオ? フォッチカオ???

dla-x500rのある近くのカラオケ屋は駅を掠めて反対方向。遠い。
100mか200mくらいある、命がけの距離だ。
なんとか辿りつくと部屋に通される。レジ真裏(;´Д`)
まだ裏だったから良かったものの、これでレジ横だったらボクは暴れたかもしれない。

何度か挫けたような文章を書いたとおり全体的に身体が世界に屈しようとしてるので、
歌うのがきつい……息が続かない、これが現実か。
目を回しながら何とか歌ってるうちに小刻みに呼吸できるようになってきたので、
ハアハアしながら歌う。

なんとか乗り切って夕飯へ。肉。
近くの肉屋は駅を掠めて100mか200mくらい・・・まあつまりファミレス側へ出戻り。
目当ての店は既に満席だったようで、駅を移動しようかといい始めるぎゃさんに一言

「拙者、絶対にこれ以上歩きたくないでござる!!!!」

適当な店に入ることに決まる。
適当に入った割には中々落ち着いて良いような気がした。
細かい気配りもあって素敵。
でもオタッキーな会話を繰り広げるような場所ではない気もした。

何を頼もうか考えていると、ぎゃさんがタンとか塩とかしか言わなくなったので、
盛り合わせのほかにタンを購入。
700円ちょいのタンと1600円ちょいのタンを頼んでみる。
やはり値段って重要だね、という謎の結論を得る。
明らかに高いほうがおいしいもの……●原●山も納得だもの。

食後にメロンのソフトクリームなどを食べつつ、談笑。
主題はネコ系キャラとイヌ属性について。……そんな話だっけ?

そんなこんなでぐったりしつつ帰宅したのでした。
日付変わるから打ち切り!