Home » 日々 » 白鳳時代の仏像とかの展覧会

白鳳時代の仏像とかの展覧会

今、奈良国立博物館で白鳳時代の仏像とかの展覧会をやっている。
何日までだったか忘れたが期間限定で山田寺の仏頭が展示されていて
今日しか行ける日がないので雨降ってたけど出かける。

この時代の仏さんって体に対して頭がでかかったりするよーなアンバランスなところが
ヘタクソな人が作ったみたいで親しみを感じる。

そのあと喜光寺というお寺へ行って、秘仏とされている宇賀神像が御開帳なので拝観する。
頭がヒゲの生えた老人(?)で体がトグロを巻いた蛇という何とも不思議な白い石像。
でも顔は穏やかな表情だし体はまるでウ○コ(失礼たらーっ(汗))みたいで、ちっともおどろおどろしくない。

生き物の蛇は苦手だけど、神様としての蛇には何故だかありがたいと思ってしまうな。
ちょっと心が洗われたかも?

そのまま歩いて西大寺も拝観して京都に戻る。
ロフトで買い物して、今日は京都BALがリニューアルオープンということで立ち寄ってみたが
売ってるものがおしゃれすぎてだんだん気持ち悪くなってきた。
服なんか太ってるからサイズなさそうだし、インテリアや雑貨もセンス良すぎてうちには置けない。
私にとっては異次元空間だった・・ふらふら

帰宅して、犬の散歩、夕食作りとまた日常に戻っていったのであった。

次の旅はクリスタルセレニティに決定です。