後輩から電話

おばんです。
昨夜、後輩から電話で相談があるから会いたいと言われ、今日は地元でランチ。

「付き合って3ヶ月の彼にプロポーズされた。」
と冷めた顔で言う22歳。
「どうしよう。」

彼氏28歳。良い人。優しい。嫌なところない。
たぶん好きなんだけど。←問題点発見

たぶん好きで付き合うことはあっても、
たぶん好きで結婚はできない。
でもすごく良い人で優しい。
でもトキメキとか恋のドキドキがない。
良い人だから好き。
良い人なんだよね~
と、しきりに言うてました。(*-∀-*)

私「今言ったこと丸々彼氏に言ってみなよ」

「あっ!そうか!そうしてみる!」

終了(*-∀-*)

結婚するまでに付き合った期間とかは関係ないと思うけど、彼と彼女の気持ちに差があったら、できればそれは結婚前に縮めておきたいところだなって。

難しいな、良い人って位置は。
良い人っていっぱいいるもん。
仮面をかぶれば誰だって良い人になれる。

彼女はしきりに悩んでいました…。
そんなことは露知らず、
彼はすでに新居の家の間取りを決めて土地を買って家を建て始めようとしています。

わぁ、はやっ!笑
それにはさすがに失笑。

こんな人いるんだなーって、人から聞く恋愛事情って新らしいものだらけだわ。

「今家庭に入っても絶対遊んじゃうな。
子どももまだいらないし。彼には言ってないけどピル飲んでるからデキちゃったはないし。
彼氏より良い人に出会ったら?んー出会いないしなー。」

彼氏よ、彼女の本音をしっかり聞いてやってくれ。笑

最近の若い子についていけないわ(´・Д・)」

「ねーねー結婚指輪ってさ~」
って、ちゃっかりはしゃぎながらjewelryを見てきましたとも。
家を買っちゃうくらいの彼だから、彼女の欲しがってたキラッキラの指輪も買えるんじゃないかしらね指輪
あはは~

そのあとはショッピングしていろいろ見てきた。
冬ってそそられるな~(*´艸`)
可愛いのいっぱいあってさ~♪
フードマグ買っちゃった♡
さむーい冬にあったかーいスープやごはんをあったかいまま食べられるお弁当箱♡
明日から使おーっと♡

「先輩ってさ、相変わらず男の気配消してるよね」と言われ…

消してるんじゃなくて、無いだけだよ♪( ´θ`)ノみたいな笑

帰りにカラオケ寄って適当に楽しんで中古リノベーションマンションに帰宅。

年齢重ねるたびに、結婚がどうのこうのって、プロポーズがどうのこうのって、そういう話題が増えていくのを感じます。

クリスマスケーキも予約してきた。

母さんが、明日から骨髄移植を受けるの。
移植後2週間は急変増悪が予測されるから、いつでも駆けつけられるように地元にずっといようと思う。

そしてクリスマスの日は、家族そろって過ごせるようにぴかぴか(新しい)

今年のサンタクロースは、
母じゃなく、私です( ´ ▽ ` )クリスマス

ボーン赤坂

私のおすすめマンションはこちらです。

だいたい「虚偽記載」(NHKニュースでは「ウソの記載」なんて言ってたな・笑)なんていうけど、問題となっているのは、陸山会が04年10月に約4億円で購入した土地の取得や支出を本登記にあわせて05年分の収支報告書に記載したこと。この「期ズレ」が「虚偽」っていうことで、秘書は有罪となり、小沢は元秘書3人と共謀したとして、被告の座に座らされてきたわけだ。

だけど、裁判の過程で明らかになったように、この期ズレは「会計学上まったく問題なし」。それどころか「資産取得と支出の記載時期は同一年分であるべき。問題となった収支報告書に記載を移したのは、当然の帰結だ」と、会計学の専門家も「お墨付き」を与えているというシロモノ。そもそも秘書の「有罪判決」そのものが間違っているのだ。

百歩譲って、この処理に問題があったとしよう。
その場合でも、通常なら報告書の「修正」ですむ話。これを「修正」ですませなかったのは、特捜部がこの会計処理の裏側に「贈収賄」とか「裏ガネ」などの「大きな犯罪」が隠れていると見立てたからだろう。しかし、どんなに調べても実際にそんなものは出てくることはなかった。検察の「見立て違い」だったのである。であるからこそ、「検察」は裏ガネ問題を立件しなかった…できなかった。そうした「検察の失態」を糊塗するために「検察審査会」制度が悪用され、不毛な裁判が延々と引き延ばされて来た。

リシェ五反田スカイビュー

そして私たち二人のまた新しい愛の巣が誕生し、またひたすら愛し合いました。今思うとこの中古マンションのリシェ五反田スカイビューも私一人の彼女の声の聞こえない淋しい部屋。まさかこんなことになろうとは全く想像もしておりませんでした、当然のことですが…私と彼女はなんでこうなってしまうのでしょう?神様の悪戯なら、神様なんてもういらないと思いました。