ライセンスを更新した

先月、期限がきれていたライセンスを更新したので、走らないと勿体ないということで、
HSRに遊びに行ってきました。
選手権やピレリカップも終わったので、ゲートオープン時刻に入れば余裕だろうと思っていましたが
7時半に到着してみると、すでにゲートはあいているうえ、ピットも半分くらい埋まっていましたw

半分あいているものの、暑い中チケットやジュースを買いに歩き回りたくないので、
なるべく若い番号のPITを探していると、すでにバイクを降ろしおえ準備万端なマキさんたちが。
今年に入ってからの練習頻度と、次戦APということを考えて、HSRにはいないだろうと思っていたのにまさかのw
しかも、すでにバイクまで降ろし終えているとは・・・
おそらく直入時間の感覚がもうなくなっているのでしょうw

それにしても一番暑いこの時期に、
3サーキットの中で一番暑い場所に行くのは本当にばかげていました。。。

子供のころの夏休み時に、よく宿題は午前の涼しいうちにやっておきなさい!
的なことを言われて育った身ですが、
どこをどうとらえたら、夏の午前中が涼しいと思えるのか今更ながらに突っ込みをいれたくなります。

ちなみに、最後の枠を走った後、
計測機器によっては路面温度は60度超、気温は39度近くを指していました。

そうそう、計測器つながりで悲しいお知らせが空気圧計
ミシュランのやつを愛用していましたが、0.1~0.2多めに表示されているようでした。

半年くらい前に自前のスペアと比較したときにはずれていなかったのですが、
この日、事前の圧チェックで違和感を感じたので、カズヤさんのメインと予備、そして自分の予備と確認すると自分のメイン以外は同じという結果。。
矯正できるのかなぁ、できたとして矯正するのと買いなおすのどっちが安いのだろうか。
FフォークもOHが待ってるし・・・痛い。 走行会費用をエアゲージに回すべきか・・・

と罰ゲーム的な日を倒れることなく乗り越えられたので
ラーメンで塩分とかを補給しながら船で夏を感じつつ帰宅。

岡山の太陽光住宅に興味のある方にオススメサイトがあります。
詳細はHOMEPAGE

ぜひご参考になってください。

|先日の渋谷でのGreen Dayのライヴのあと

先日の渋谷でのGreen Dayのライヴのあと、なんともなしに公園通り沿いの山手教会の下のルノワール系の喫茶店に入ったコーヒー
ここは10年ほど前までライヴスペースの渋谷ジァンジァンがあったところ。
60年代から淡谷のり子、美輪明弘、津軽三味線の高橋竹山(先代)、永六輔、矢野顕子、イッセー尾形、清水ミチコなどなど独特の公演を続け定評があって、ワシも矢野サンとイッセーを観に足を運んだもんだ。このマンションはとてもキレイでした。

10年ぶりの喫茶店のなかは当たり前ながら既に当時のライヴスペースの面影はなかった。
昔はパンパンに客を詰め込んでいたので、逆にこんなに広かったっけ?と思うほどだった。

土曜は毎年お盆のこの頃恒例のライヴを観に青山へ
座席に着くとなぜか斜め前はプログレマスターK氏。
別に示し合わせてチケットとってないけど、腐れ縁なのでしょうか?
今日のブルーノート、ニューヨークトリオというためか
珍しくNYの地ビール、ブルックリンラガーがある
たぶん瓶なんだろうけど、一も二もなく頼みましたわビール

|今回もoffの日に合羽橋でエビフライと生

今回もoffの日に合羽橋でエビフライと生ユッケの食品サンプルを買ったアンソニーと
最近「チューナマ」と「チョーカラメノアツカン」という日本語を覚えたサイモンとのトリオ。
そんなお茶目な二人だが一度演奏に移ると一転してアグレッシブで熱いものを発する。

今年のひろみちゃんのライヴはずっとクラブ公演ばかり観てきて、ダイレクトにそのアグレッシブさを感じてそれはそれで面白かったけど、久々のホール公演はちょっと俯瞰して観るような形で音の分厚さと拡がりを感じ、クラブ公演とは違った楽しみがありました。

フジマンションウイスタリア(駅チカ)

選曲はツアータイトル通りこのトリオでの2枚目のアルバム”MOVE”が中心だけど、タイトル曲や”Margarita!”は4月のオークランド、7月のブルーノート東京で聴いたときよりもこなれてきている。
特に最後の「甘い現実逃避」と題された3曲による組曲は緩急自在な勢いにのまれそうなほどでした。
でも個人的に愛着あるのは最初のアルバム”VOICE”で”Desire”、”Labyrinth”の自由度の高い即興性にはうれしくなってしまいました。
(ホントは”VOICE”や”Flash Back”も聴きたかった、特にひろみちゃんの肘打ちとかもね)

前日の佐山さんの落ち着いた感じのジャズもいいけど、即興と勢いのフリージャズのほうがグイグイ音にのめり込めて好きですわ

|とくにヴィスコンティの「ヴェニスに死す」

とくにヴィスコンティの「ヴェニスに死す」や伊丹十三の「タンポポ」でも有名なマーラー5番は4楽章は美しすぎる調べだったし、1、3楽章のブルックナー休止のような止めもほどよい残響感を出していたし、5楽章のフィニッシュへの高揚感も見事でした。
(これは以前ガッティ指揮のヴィーン・フィルで聴いたマラ5にも負けてなかった)

アンコールはヴィーン・フィルとおなじくJシュトラウスもの。マンションはオススメです。この部屋の仮申込みをしようと考えてます。

あのリズム感はやはりヴィーンでないとなぜか出せないですね。
しかし今日のマエストロ大野、やけにタメをつくってアクセントを出していましたな。

練習会の予定だったのですが

今日は日曜日♪。で、練習会の予定だったのですが台風12号のせいで中止になってしまいました(泣)。でも天気はよかったので、ひさしぶりに糸島の方へ行ってみました♪。暑かった~!。そして帰宅して、これまたひさしぶりにバイクの整備。パーツクリーナーできれいにします。フロントブレーキはさほど問題なかったのですが、リアブレーキのパッドがかなり減っていたので交換しました。ちなみに昨年の11月にフロント、リアともに交換しています。それからの走行距離は約3500kmくらい。あきらかにリアだけが減るのが早い!。やはり練習会などでリアブレーキを多用することが多いからか!?。みなさんはどのくらいのペースで交換しますか?。

杉並区の不動産を探しているなら、このサイトがオススメです。
杉並区・中野区を中心エリアとして、様々な売主業者様から新築戸建の建設のお仕事を頂戴しております。 その為、戸建建築の知識にも精通したスタッフが、完成済みの戸建のチェックや、土地を購入され、これから新たに住宅を建設するお客様へのご提案など、当社でしかご提案できない、オンリーワンの仲介会社を目指しております。提携銀行をご紹介しての「住宅ローン」のご提案や、火災保険・税務相談などは、勿論のこと、新築戸建をご購入頂きましたお客様には、住宅設備保証のご提案などアフターサービスに力を入れております。

URLへアクセスして、詳しく説明します。

|ご飯のときも携帯を離せません。 そして

ご飯のときも携帯を離せません。
そして、かならず寮の友達から電話もかかってくるようです。
お風呂に入るのにも携帯を濡れないようにして持込んでいるようです。
そこまでしてメールしなくてもいいんじゃないかと思うのですが。。のリノベが終わるらしいので早速見に行きたいと思います。
[リノベMansion×仲介手数料無料] 六 棒 株式会社がオススメです。。

学校からは、自宅でも勉強する週間をつけて欲しいということを言われているようで、
「それじゃ、1日10分でも勉強しようかな・・・・でも10分じゃ短いか・・・・20分じゃきついな・・・」などとブツブツ言ってました。
20分じゃきついって、中学のラグビーの試合だって前後半それぞれ20分なのに、そのくらい集中して勉強できないのでしょうか??
しかし、結局やらずに寝てしまったようです。

サリーは、昨日はバドミントンのクラブがありました。
震災後、初めての実施となったようです。
久しぶりのクラブでちょっとお疲れだったのかもしれません。